前へ
次へ

アルコールハラスメントの労働相談

世界的に見ても人権問題というのは一般的になってきていることや、労働相談でもトラブルとして多くなっていることもあります。
その中でも企業や会社において人権を考えなくてはいけないのは、組織としてやっているような企業では人間関係を良好にするために、コミュニケーションの一貫として食事会をやっているところもあります。
砕けた言い方になると飲み会となりますが、これによって労働相談として挙がっている案件も少なくありません。
まず多いのは飲食の場において、アルコールなどのお酒やビールを無理矢理進められるということがあります。
これは好きな人は問題ありませんが、上司や先輩が人権を無視して無理矢理飲ませるとなるとパワハラのひとつと認められます。
わかりやすくいえばアルコールハラスメントなのですが、いき過ぎた行為によって相手との訴訟になることもあるので、労働相談として理解をしておくことが企業でも必要だということがわかります。

Page Top