前へ
次へ

給与カットに関する労働相談は弁護士へ相談

国内の企業では、会社経営者の判断で労働者の給料がカットされることがあります。
給料カットされる理由としては、仕事が遅いやミスをしてなどのことです。
弁護士に、こういった場合の労働相談をすれば、会社経営者の判断で給料カットすることは基本的に認められず無効だということを教えてくれますよ。
基本的に、減給するのであれば、労働者の自由意思に基づく同意が必要になります。
給料カットされた後に、労働者が「これはちょっとおかしいです」という異議を出さないと、黙示的に同意したと会社経営者が言ってくることもあるでしょう。
こういった場合に、法律に詳しく無い人は、確かにそうだなと思うかもしれません。
しかし、減給の際に異議を出さなかったことのみをもって、労働者が黙示的に同意したとは判断できないという、裁判判例が多くあります。
同意があると認められるのは、同意書があるなどの極めて限定的な場合です。
弁護士は、こういったことを労働相談の際に教えてくれますよ。

Page Top