前へ
次へ

有給休暇について労働相談

有給休暇というのはあるのは知っているが、会社から積極的に取ったことがあまりないという人も少なくありません。
有給休暇は結婚式の出席や急な葬儀などに使われることが多く、急に休むとなると働いている会社からあまり良い顔をされないという歴史がありました。
そのために労働相談でもあるのが有給休暇について、どの程度利用していいのかわかっていないこともあります。
まずは有給休暇を理解することや、どのような形で利用することができるのか権利なども含めて知っておくことです。
まず会社に採用されてから半年間勤めている人材で、労働に値する8割に出勤している人にはみんな平等に有給休暇が10日間与えられます。
これは労働基準法などの法律で決まっていることなので、労働相談でもいえるのは企業はルールを無視することができない案件となります。
そのために休みを与えることで社員の尊厳を守ることが出来るのと、トラブル防止に繋がっているといえます。

Page Top